HOME受け口の矯正

受け口の矯正

こんなお悩みありませんか?

  • 顎が出ているように見える
  • 横顔が気になる
  • 食べ物を噛みにくい
  • 発音がうまくできないときがある

受け口の症例

受け口の症例

下顎前突(かがくぜんとつ)とも呼ばれます。
下顎が成長し過ぎていたり、前歯の傾きに問題があるような場合に起こります。
学校保健法では、「3本以上の歯が上下逆の咬合(咬み合わせ)になっているもの」と規定されています。

受け口1

治療前

受け口1

治療後

受け口2

治療前

受け口2

治療後

受け口3

治療前

受け口3

治療後

原因

遺伝、咬み合わせの乱れなどが原因として考えられます。

望ましい治療開始時期

出っ歯と同じく、歯並びそのものだけでなく、顎の発達と深い関連のある問題です。8~10歳ごろからの治療開始が望ましいでしょう。6歳になったときに一度ご相談いただければと思います。
成人後の受け口矯正も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
※初診相談料無料

受け口を放っておくと

  • 虫歯、歯周病にかかりやすくなる
  • 噛みづらいため消化不良を起こしやすく、胃腸に負担をかけてしまう
  • 成人以降にも発音に支障をきたすことがある
  • 顎関節症の原因のひとつとなる

歯並びや噛みあわせ、顎の総合的な矯正治療を行います。

初診カウンセリング無料ですので、ご自身やお子さんの歯で気になることなど
何でもお気軽にご相談ください。