HOME出っ歯の矯正

出っ歯の矯正

こんなお悩みありませんか?

  • 前歯が出ている
  • 口内や前歯が乾きやすい
  • 口元が出っ張っている気がする
  • 食べ物を噛み切りにくい
  • 喋りにくい

出っ歯の症例

出っ歯の症例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)、下顎遠心咬合(かがくえんしんこうごう)とも呼ばれます。
上顎が成長し過ぎている、あるいは下顎が十分に成長しなかった場合などに起こり得ます。下顎の成長不足による出っ歯の方が、日本人に多い症状だといわれています。
学校保健法では、「上の前歯が下の前歯より8mm以上出ているもの」と規定されています。

出っ歯1

治療前

出っ歯1

治療後

出っ歯2

治療前

出っ歯2

治療後

出っ歯3

治療前

出っ歯3

治療後

原因

遺伝、咬み合わせの乱れ、舌で前歯を押すクセ、口呼吸のクセなどが原因として考えられます。

望ましい治療開始時期

歯並びそのものの乱れだけでなく、顎の発達と深くかかわる問題ですので、顎を含めた身体が成長する時期に合わせて治療を開始するのが望ましいでしょう。8~10歳ごろが目安ですので、6歳になったときに一度ご相談ください。
成人した方の出っ歯の矯正も行っておりますので、遅いと諦めずに一度ご相談ください。
※初診相談料無料

出っ歯を放っておくと

  • 虫歯、歯周病にかかりやすくなる
  • 口臭のリスクが高まる
  • ぶつかったときなどに前歯を折る危険性が高くなる
  • 発音に支障をきたす可能性がある

歯並びや噛みあわせ、顎の総合的な矯正治療を行います。

初診カウンセリング無料ですので、ご自身やお子さんの歯で気になることなど
何でもお気軽にご相談ください。