HOME八重歯の矯正

叢生と八重歯の矯正

こんなお悩みありませんか?

  • 笑ったときなど歯並びがガタガタしていて気になる
  • 唇が八重歯に引っかかる
  • ものがよく詰まる・歯磨きがしにくい
  • ほっぺの内側をよく噛んでしまう

叢生と八重歯

八重歯

叢生(叢生)とは前歯に限らず歯の並びがガタガタして乱れている状態です。

八重歯は前歯の中心から数えて3本目の歯(犬歯、糸切り歯)が外側へ飛び出してる状態です。

八重歯1

治療前

八重歯1

治療後

八重歯2

治療前

八重歯2

治療後

原因

全ての不正咬合に言えることなのですが
しっかり噛んで食べていない
歯並びや顎の骨を支えてくれる唇やほっぺ、舌といった筋肉をちゃんと使えていない状態(口呼吸・色々な悪い癖など)

望ましい治療開始時期

矯正治療は何歳になっても行えるのですが

やはり理想を言えば顎が成長する時期・骨がやわらかい時期・細胞の活性が高い時期に合わせて治療を開始するのが望ましいと考えます。年齢でいえば8~10歳ごろでお口の中でいえば上の前歯4本が揃う頃が良いのではと思います。

当医院でこの時期から始める治療方針は、まずは歯を抜かないでキレイに並べる努力をしていきます。ただ、大人の歯並びになった時に患者さまが口元の見栄えを気にされた場合、患者さまとしっかり相談した上で歯を抜く選択肢をご提示する場合もございます。

歯並びの相談を考えておられるのであれば小学2年生ごろに、一度お近くの歯医者さんまたは矯正の先生のところへ行かれることをお勧めします。

八重歯を放っておくと

虫歯、歯周病にかかりやすくなる ブラッシングが難しいため、汚れや着色の原因となる 口臭のリスクが高まる

歯並びや噛みあわせ、顎の総合的な矯正治療を行います。

ご自身やお子さんの歯で気になることなど
何でもお気軽にご相談ください。