HOME八重歯の矯正

八重歯の矯正

こんなお悩みありませんか?

  • 口を開けたときに八重歯が気になる
  • 唇が八重歯に引っかかる
  • 磨きにくい八重歯がある
  • 八重歯が口内を傷つけてしまう

八重歯の症例

八重歯の症例

前歯の中心から数えて3本目の歯(犬歯、糸切り歯、尖頭歯)が外側を向いてしまっている状態が、一般的にいわれる「八重歯」です。
日本では「かわいい」とチャームポイントにもなりますが、歯学的にはよい状態ではありません。ブラッシングが難しく、虫歯になりやすい歯並びの乱れです。

八重歯1

治療前

八重歯1

治療後

八重歯2

治療前

八重歯2

治療後

原因

顎の小ささ、歯の生えるスペースの不足が原因として考えられます。

望ましい治療開始時期

八重歯となる犬歯は乳歯から永久歯への生え替わり時期が比較的遅いのですが、そのために他の歯にスペースを奪われて正しい位置から生えてこないケースがほとんどです。8~10歳に治療を開始するとよいでしょう。6歳になったときに、一度ご相談いただければと思います。もちろん、成人の方の八重歯にも対応しております。
※初診相談料無料

八重歯を放っておくと

  • 虫歯、歯周病にかかりやすくなる
  • ブラッシングが難しいため、汚れや着色の原因となる
  • 口臭のリスクが高まる

歯並びや噛みあわせ、顎の総合的な矯正治療を行います。

初診カウンセリング無料ですので、ご自身やお子さんの歯で気になることなど
何でもお気軽にご相談ください。