HOME当院で扱う矯正方法

当院で扱う矯正方法

当院で扱う矯正方法

それぞれの特徴を生かし、患者さまにベストの矯正方法を

当院の歯科矯正の特徴

人の歯並びというものは、咬み合わせや顎の位置・大きさに強く影響を受けて決定されます。歯並びだけを治しても、いずれまた元の位置に戻ってしまうことがあるのはこのためです。
当院ではこれらを総合的に診断し、長期的なプランを持って治療に当たることを大切にしております。また、非抜歯(抜かない)矯正、目立たない矯正(マウスピース矯正 (インビザライン・薬機法対象外)、透明なブラケットを使った矯正)にも対応し、患者さま一人ひとりのご希望に沿えるよう、努めております。

マルチブラケット

マルチブラケット

もっともスタンダードな矯正装置です。
歯の表面に装着したブラケットに、金属製のワイヤーを通し、ワイヤーの力によって歯並びを矯正していきます。
スタンダードでありながら長年使用されていることが、 その効果が確かであることの証明でもあります。

メリット

  • これまで長年、もっとも広く使用され、効果をあげてきたという実績があります。
  • 「目立たない」ことに力を入れた矯正装置と比較した場合、機能性に優れ、治療期間は短くてすみます。

デメリット

  • 口を開けたときにどうしても目立ってしまいます。※当院では、透明で目立たないブラケット「クリアブラケット」を採用しております。
  • 他の多くの矯正装置と同様、ブラッシングが難しいので、治療中はむし歯リスクが高まります。より注意深くケアしなくてはなりません。

透明で目立たないブラケット「クリアブラケット」を使用

当院のマルチブラケットによる矯正治療では、ブラケットが気になる方のために、前歯のブラケットに透明のものを使用しております。
これにより、口を開けたときでもずいぶんと目立たなくなり、快適に使用していただけます。

マウスピース矯正 (インビザライン・薬機法対象外)

インビザライン

マウスピース矯正 (インビザライン・薬機法対象外)とは、マウスピース矯正のうちのひとつで、1999年以降、世界45カ国以上でのべ250万人が使用した実績のある矯正器具です。
患者さまの口内の型をとり、それをコンピュータに取りこんで、ゴールとなる歯並びまで少しずつ動かした立体画像をもとにしてつくられます。つまり、一人ひとり違った、その患者さまだけに合ったマウスピースをつくることができるということです。定期的に新しいものと交換し、少しずつ、理想の歯並びへと近づけていきます。
装置は透明であるため、目立ちません。薄いプラスチックを素材に使っています。
また、患者さまご自身で取り外しが可能ですので、ブラッシングがしにくい、食べ物がつまるということがありません。

メリット

  • ブラケットやワイヤーを使用しないため、口内粘膜が痛んだり、傷ついたりするリスクはほとんどありません。
  • 透明で薄く、矯正装置をつけているとは思えないほど自然です。周囲に気づかれることもほとんどありません。
  • 患者さまご自身で簡単に取り外しが可能ですので、食事やブラッシングは通常通り行っていただけます。食べかすやプラークが装置に挟まるということもなく、衛生的です。
  • 金属をまったく使用しない矯正装置なので、金属アレルギーをお持ちの方も安心です。
  • 喋ることに関しての支障はほとんどありません。仕事上、ブラケットやワイヤーでの矯正ができない方にもお勧めです。

デメリット

  • 1日20時間以上の装着が必要となりますので、それを守っていただけなければ効果は期待できません。治療期間が長くなってしまうこともあります。
  • 咬み合わせに問題がある方、重度の歯周病の方、顎関節に問題がある方などには使用できません。それぞれの治療を終えてからの矯正開始となります。

FKO(機能的矯正装置)

顎の調節を行うことができる、取り外し可能の矯正装置です。顎の成長が著しい時期(8~10歳ごろ)に行うのが一般的です。主に寝るときに装着します。
上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)の方への効果が期待できます。下顎の成長をコントロールし、正しい咬み合わせへと導きます。

メリット

  • 取り外し可能なので、食事やブラッシングの際に困りません。
  • 主に夜間の使用となりますので、お子さまの肉体的・精神的負担を軽減します。

デメリット

  • 使用対象となる症例が限られています。

マルチファミリー

マルチファミリー

やわらかいシリコン素材の、マウスピース型矯正装置です。毎日、就寝時と日中の2時間、使用していただきます。
歯だけでなく、唇や舌を正しい位置へ、正しい動かし方へ導きます。主に出っ歯(上顎前突)の矯正に使用されます。また、鼻呼吸を促しますので、口呼吸の改善が見られます。

口呼吸がクセになると…

  • 口が常に開いている状態となり、お口周りの筋肉の弛緩につながります。出っ歯(上顎前突)、開咬(噛んだときに前歯が合わない)など、咬み合わせ・歯並びの乱れを招きかねません。
  • 口内が乾きやすくなるため、唾液の機能が十分に生かせず、むし歯や歯周病の原因となります。
  • 鼻呼吸と比べ、埃、細菌、ウイルス、花粉などが体内に侵入しやすくなってしまいます。

メリット

  • 一日中の装着ではなく、日中は数時間で済みますので、お子さまの負担は軽減されます。
  • 顎と歯の成長状況に合わせて数種類のタイプを使い分けるので、適切な効果が期待できます。

デメリット

  • 使用対象となる症例が限られます。
  • 使用時間を守っていただけないと、十分な効果が期待できません。矯正期間が長くなってしまうこともあります。

床矯正

歯並び、咬み合わせの乱れの大きな原因のひとつである、顎の小ささの改善のための矯正装置です。顎を無理なく少しずつ広げ、正しい位置、正しい向きに歯が生えるスペースを確保します。同時に、すでに生えている歯を正しい位置に移動させていきます。

メリット

  • ご自宅で、患者さまご自身によって着脱が可能ですので、食事やブラッシングの際には外していただけます。
  • 顎の成長が著しい8~10歳頃に使用すれば、歯と顎両方の矯正が可能となります。
  • 治療期間が比較的短くてすみます。

デメリット

  • 着脱可能なため、ご本人の意志が固くなければ十分な効果が期待できません。
  • 永久歯が生え揃ってからでは十分な効果が期待できません。

歯並びや噛みあわせ、顎の総合的な矯正治療を行います。

初診カウンセリング無料ですので、ご自身やお子さんの歯で気になることなど
何でもお気軽にご相談ください。